ワクワクメール体験談 出会い系体験談

ワクワクメールで35歳人妻と生ハメセックス!ワクメで人妻を探す方法

やっぱり見た目が一番気になるね。だから、相手探しにプロフィール写真は絶対だよね。ワクワクメールには画像一覧があるから、一目だけでもたくさんの女の子を見れるから便利だよね。

そういうわけで、第一印象で「コレ!」って瞬間的に思った女にメールを早速送った。そしたら、ラッキーなことに相手から返事が来た。

前に別の女と一緒に行ったことのあるイタリアンレストランの話を持ち出すと、パスタ好きだと言って乗ってくる。これはなかなかいい雰囲気だ!店のことをメニューから接客までちょっと細かく教えたら、「そこで食事がしたいです。近くに行くことがあって、前から気になってたお店です。」とあっさり会う約束を取れたわけだ。ネットで調べた付け焼刃的な店紹介じゃなくて、実際に行ったことのある店紹介はやっぱ違うわ。日頃からケチケチしてると、こんな風にスマートに女の子は誘えないね。

相手はもうLINEまで教えてくれて、デートする日まではずっとLINEで連絡を取り合ったよ。もちろんデート当日にどこで待ち合わせするかとかもそうだけど、仕事は何なのかも聞き出せて、どんどん距離が近くなってワクワクしてきたぜ。

さてデートの日だ。待ち合わせ場所はある駅の出口。お互いの服装を教えあっておいたら、情報にぴったりな女が立っていた。プロフィールの写真ではわからなかったけど、「おっぱい、デカ!」って心の中では何度もジャンプしちまった。胸元を結構見せていて、「ヤらせてくれそう!」って期待度が大!

レストランに入って、注文を済ませてからあらためて自己紹介。相手は、美和という名で車のディーラーで働いている26才。もちろん彼氏ナシ。長い髪は染めていない黒で、染めている女の方が圧倒的だからかえって新鮮だね。仕事帰りと言っていたけどメイクしっかりしていたんで、「いつもそうなの?」って聞いたら「今日はいつもよりがんばって、派手ですか?ごめんなさい」って答える美和はなかなか良いよ。

「出会い系って初めて?」って聞いたら「そう」と答えた美和。どうしてワクワクメールに登録したかを聞いたら、周りにコレという男がいなくて同じ職場の女の子から教えてもらったのだと。

その同僚さんは別のメールサービスにも登録しているらしいけど、「ワクワクメールの方がいい。もう一つのはいっぱいメールが来るから。」と言う。たくさん居る方が良さげに思えるが、「読む気なくなる。ワクワクメールの方がほどほどでいい。」と同僚さん。たしかに、メールなんていっぱい送ってこられても鬱陶しく感じることがある。好みの異性を探したくても、そもそも読む気が起きなきゃ無駄なだけだよな。

「どんな人なのか本当はちょっと怖かったけど、会えて良かったです」と美和は最初緊張感バリバリだったけど、ようやくリラックスしてきたみたいだ。「俺も良かったよ。初めての出会いが美和ちゃんみたいな、かわいいコでさ」って、「初めての出会いって何なのさ!」と心の中で自分につっこみ、本当は吹き出しそうになるのを我慢した。

美和はワインが好きで、すすめると結構飲んでいる。ピッツアの美味い店でもちろんピッツアもパスタもシェアして味わった。美和は取り分けるのに積極的で『がんばってる感』がある。「そんなに気に入られたいのか。まだ会ったばかりだぜ」って自分本位だけど、俺に気があるのかな?なんて思えた。

食事を終えた後、「もう一軒飲みに行こうか」と誘ってみると、このイタリアンレストランが気になっていたと言うだけのことはある美和は「ちょっとだけ歩きますけど、知っているバーがあるんです」って、あっさりOKだった。明日は仕事が休みだし一人暮らしだから遅くなっても別にいいらしい。なかなか良い展開で進んでいる。

美和はあまり酒が強くないのに結構飲んでしまうタイプのようで、店を出るとご機嫌に歩き出した。ツカツカと自分だけ足早に進むこともあって「早く、ほら早く行きましょ」ってこちらを振り向いて手招きすることもある。もう何度も会っている関係かと錯覚してしまうよ。

タイトスカートで窮屈そうなお尻が左右それぞれの脚が動くたびに、ムニュムニュとしているのが、たまらんっ!それにスカートのスリットから見える腿の内側がエロいんだよなぁ。膝からちょっと上にいっただけの部分なのに、モロ見せと違ってチラ見せって何であんなにエロく見えるのかな。あのスリットから手をつっこんでそのまま真上にスカートを捲って、そこに顔を埋めさせてもらうか、股間をズリズリさせるか、どっちかしたくなる、無性に!

到着したバーで2度目の乾杯。カウンター席の隣にある横顔がセクシーに見えてくる。美和は自分の恋愛を話しはじめて、「うん、うん」とか「そりゃ、辛かったね」とか言ってあげると何かいい雰囲気になってきて、「これ、行けるかも。ホテル、誘っちゃおうかな」と思った。

でも、美和は家に帰ると言い出して、この時は、ガッカリを「世の中そう甘くはない」に変換して今夜はここで諦めようと思ったよ。

だけど、美和は結構足にきていて、地下から地上に上がる階段も危なっかしいので、家まで付き添ってやることにしたら、何も拒むことなくそのまま移動開始。電車はちょっと混んでいて、お互いにつり革に捕まっていても美和の髪や体が触れるし、息も感じた。駅に着いてからトボトボ歩く美和に寄り添いながら、もう体に触れまくったよ。でも、美和は嫌がる素振りを見せない。酔っ払って警戒心が無くなっているかも?ある意味、チャンスじゃねぇか、これ!?開いたり閉じたりの唇とか、チラ見えする胸とか何度も眺めさせてもらうと、やりたくなって仕方ない!

そのまま彼女の部屋へと入る。

カーペットのど真ん中にある小さなテーブルの脇にドカッと座り込む美和。「水でも飲む?」と聞くと頷いたので「冷蔵庫開けるよ」と言って中にあったミネラルウォーターを彼女に差し出した。

「よかったら、好きなのを飲んでってください」と美和が言うので、冗談半分に「美和ちゃんが飲んでるそれ、いい?」って言ってみると、どうぞという感じでペットボットルをこちらへと渡してくれた。「いいのか?」と聞くと「うん」と言うのでお言葉に甘えて飲むと、「こんなの初めて」と美和がボソッ言った。「何が?」と尋ねると、「今日会ったばかりの男の人を家に上げて、間接キッスまでしちゃったこと」と美和が答える。

更に美和は「襲いに来たんでしょ?」とまだ酔っ払い状態のままで言ってきた。でも、バッチリ目と目が合ってる!

「美和ちゃん」と言いながら彼女をそっと抱いて、「本当に襲うね」と口にした直後にキスした。美和はここも嫌がっていない。「これ!いける!」

一旦離れると「お酒くさくないですか、私?」と美和が言う。「全然そんなことない。酔ってる美和ちゃん、いろっぽいよ」とヨイショじみた答えを返してやり、今度は本格的な男の女のキスになる。

舌を美和の口の中に差し込んでそこにあるものの全てを舐めまわすと同時に、美和の胸を服の上から揉みはじめた。「んん」と小さく声を出しつつ美和も舌を動かして、胸を揉んでいる俺の手に自分の手を重ねているし、脚をカーペットに摩擦させているのも感じられた。

「襲ってほしかったのか?」との問いに頷く美和。「どの辺から期待してたの?」って更に尋ねてみると、「一軒目のイタリアンの途中から何だか欲しくなってきて」って。それで、捲りたかったタイトスカートをとうとう捲ることに。これに苦労してると美和が尻を上げてくれた。そして、スカートの中で美和の股間を覆っていたものをいきなり全部脱がせて、これまたいきなり直接クンニを始めてしまった。もうしたくてしたくて溜まらなかったからね。一枚、一枚剥ぐようにしてなんて悠長なのは我慢できない。

無理にずらし上げたスカートの中に顔を突っ込まれた美和は仰向けになって「ああん」とか言いながらも、両脚を大きく広げるのがわかった。顔の左右に触れていた腿が離れたし、スカートの生地の感覚も遠くになった気がしたからね。

クンニを終えて、さあどうしよう。ベッドへ行こうかと思い立ち上がる途中、眼下には仰向けから体を起こす美和がいる。ちょっとそのままの状態でお互い見つめあっていると、美和がズボンのファスナーに手をかけて、そのままフェラが始まった。竿を手で支えながらその全体に舌を這わせるとペロペロ、ペロペロと竿の中ほどから先の方へと舐めてくる。先に舌が到達するとそれを口に含んでじっくり舐めまわしていた。気持ちいい~!

風呂入っていないチ○コなのにそれをペロペロして、初めてとは到底思えないテク。美和は結構やってる女だなと思ったよ。すごくフェラに夢中になっていて、結構やってる女が久しぶりに男を漁るチャンスに恵まれたんで、それに没頭してるって感じ。

それで、これは撮れるだろうと思って上着の内ポケットからスマホを出して画面に現れたカメラのボタンに触れた。もちろん、そのボタンの向こうにはフェラ真っ最中の美和が。上着を脱がないでラッキー!さすがの美和もシャター音に気付き、「え!写メ、撮ったの?」って言うけどもう遅いよ。「そんなの撮らないでよ」とまで言われたけど、「もうフェラ飽きた?」って違う質問にすると仕方ないなぁって感じでまたフェラを再開する美和。

ずいぶんと気持ちよくさせてくれて、いよいよベッドへ。二人とも裸になったところで「電気、点けたままでいい?」って聞くと美和は「消して」って言うけど、「どうやって、コレ消すの?」と俺。多分、あの壁にあるスイッチだと予想できた物体は見ていたがとぼけた。美和が一旦ベッドから出てスイッチを操作する隙にスマホを枕の下に。

インサートしてもいいことになって、最初は普通に正常位で。次にバックへと体位を変える最中にこっそりとスマホを取り出しておく。何も知らずにバックからハメられて自分も尻を動かしている美和。その美和とつながっている、気持ちいい部分を撮影!

美和が「えー!」って。そりゃ気付くわな。「もお、ヤダ~!恥ずかしいんだって!」「嘘だろ?恥ずかしいって言ってるけど、がっちりつながったまんまじゃん」「それは・・・」「本当は撮られて興奮してるくせに」「そんなことない。そんな変態じゃないよ」「もういいじゃん。隠さないでさ、本性出しなよ。出したらもっと気持ちよくなるぞ」「出して気持ちよくなるって、そっちの方でしょ」「あはは、そうだな。でもいいだろ?美和、綺麗だよ、エロきれい。」「何言ってるのよ!もお」。そう言っている美和の表情は嫌がっているものではなかったよ。

スマホを置いて、そこからバックでガンガンと美和を突いた。背中の両端から揺れる胸が見えて片方を思いっきり掴み、片方の手でクリを刺激すると、美和は「いい、いい」と撮影されて恥ずかしがったことなどもう忘れたかのようだ。

また正常位に戻って最速の腰ピストンを味わわせてやりながら、揺れている胸を両手で鷲掴み。胸はめちゃ柔らかくて、アソコは何度もキュウキュウさせてくる。美和は本当にエロい体なんだよ。

「美和、エッチ好きだろ?したくて、したくて、堪らなくて、男探してたんだ?」と言ってやるが、美和は何も言わない。でも否定してないってことだよな、これって。

フィニッシュは美和の胸に飛ばしてやった。

その後シャワーを浴びさせてもらい、帰ることにした。美和は引きとめる様子もなく、玄関で見送ってくれた。

すぐ帰ったのは、俺なりにもったいつけてやろうと思ったから。そのまま即泊まるっていうのもね。後で「一回セックスしてくらいで自分の女になったと勘違いしている」って、たまに言いそうな女もいるしね。向こうから何も無ければそのままワンナイトってことでそれはそれでいいし。

こっちからは連絡せずに様子見。住んでいる大体の場所は教えてあったので、それを見越したかのタイミングで来ちゃったよ、美和からLINEが。お礼と「また会いたい」って。どうすっかなぁ~。

こういった出会い系を使ってくる女って、はっきり言うと女の方もセックスしたいんだと思うよ。じゃあ、どの出会い系も同じかと言うとそうではないかも知れないね。

美和の同僚さんが言っていた別のメールと言うのは、ワクワクメールらしい。それは聞くところによると18才~20代前半が多いそうだ。でも、俺は20代後半から30、う~ん、33才位までかな。その辺りがターゲット。それ位の年代の女は働いているのが大半で、働いていないから甘えることしか知らない女とは違うんだよね。甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる女もこの年代になると増えてくるし、そりゃあいいよ、そういう女。それでいて、割り切った関係を匂わせればそれを察することもできるのがオトナの女だよね。

そういうことならばワクワクメールの方が、オトナの女に会える確率が大きいのではないかと、俺は思うよ。まあ、あくまで個人の感想ってことで、参考になれば俺もうれしいよ。

これは見ておけ!人気記事

no image 1

実際に撮影したセフレとのハメ撮りエロブログ動画集 https://sexfriend-deai.com/wp-content/uploads/2019/06/動画-2017-11-19-午後3-45- ...

2

当ブログでもたくさん紹介しているように、私はこのPCMAXというサイトを一番最初に使うことにしました そこから、女の子と実際に出会えるサイトだと、実感して今も使い続けています! こんな方におすすめ セ ...

3

この記事でわかる3つのポイント 人妻とセックスができる方法を紹介 人妻は出会い系でセフレを作っている 人妻はエロくてセックスが最高! 人妻セフレを簡単に作る方法! 月3,000円で人妻セフレを作る方法 ...

4

ケンゴ エロケンへようこそ! ケンゴ 巨乳と一度でいいからセックスしたいと思ったことは誰でもありますよね!今回は巨乳とセックスしたいという方に巨乳美女とセックスできた体験談を紹介します! 巨乳の女の子 ...

5

みなさん、ロリロリな女の子は好きですか? 自分は実はロリっ子よりは綺麗なお姉さん系が好みだったんですけど、 今回久しぶりにロリっ子とエッチしてきたら、なんかこれからはロリっ子にはまってしまいそうですw ...

ハメ撮り動画女子大生 6

ケンゴ やっぱり女子大生とのセックスは最高ですわwwww女子大生相手に変態プレイをできるので、いつもセックスして変態プレイをしています!!   女子大生とセックスしてハメ撮りを撮影したい 女 ...

-ワクワクメール体験談, 出会い系体験談
-,